FC2ブログ

2005-02

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

ブンデス観戦記

遅ればせながら
2月5日のバイエルンVSレバークーゼン
観戦記をUPします。

試合前日の6日、プラハから夜の移動を敢行。
しかしながら、車中は終始ハイテンション。
仕事を終えたばかりの“週末サラリーマン”とは
思えないぐらいのエネルギーを一気に爆発させる
サッカー狂3人。

その勢いは、ホテルについてもおさまることなく、
夜中の3時まで続きました。



試合当日は、快晴ながら放射冷却現象で
ミュンヘンの町はキンキンに冷えてました。

私にとっては、
2年前のベルリン、
昨年のミュンヘンに続いて
3度目のブンデスリーガ観戦。
3度目でも、身震いするような試合前の興奮は相変わらずでした。

さて、今回のチケットは、
バイエルンのオフィシャルサイトから購入したため
メインスタンドのほぼ中央ということは分かっていたのですが、
どのくらいピッチに近いのかは謎のままでした。

まして、皆さんご存知の通り、オリンピック・スタディオンは、
サッカー専用のスタジアムではないので、
ピッチとの間に陸上用のトラックがあり、
それだけで距離感がある感じがするので、
どのくらい前なのかはかなり重要。


で、結果はご覧の通り…。
↓ ↓ ↓ ↓ ↓ ↓
chicchai.jpg


思いのほか後でした。
試合全体が見やすいといえば見やすいのですが、
「カーンが見たぁ~い!」
「バラックが見たぁ~い!」
「マカーイが見たぁ~い!」
「シュナイダーが見たぁ~い!」
「ベルバトフが見たぁ~い!」

という具合にミーハー・サッカー狂の私にとっては
やや不満の残る席でした。

いよいよ試合開始!
starter.jpg

分かる範囲で、左から
カーン・?・?・?・ゲレーロ・?・マカーイ
フリングス?・ゼロベルト・ルツィオ・バラック


さて、
ここからは、愛する妻へのサービスショット。
(ちなみに妻は、今回の同行せず。)
妻は、日韓ワールドカップ以来、オリーのファン。

ハイ!どぉ~ぞ!
kahn.jpg



ハイ!こぉ~です!!
kahn_2.jpg


以上、家庭内の会話でした。



ちなみに試合のほうは、
賭博関与疑惑に揺れるブンデスの審判団の
動揺を反映してなのかどうかは分かりませんが、
主審のミスジャッジの連発で、
荒れゲームの様相を呈していました。

試合を決定付けたのは、前半終了間際の
レバークーゼン・ディフェンダーによる
ゲレーロへのジャーマンスープレックス。
(ゲレーロは、本当に見事に投げられていました。)
ことは、ペナルティーエリア内で起こったので、
「さすが本場ドイツ。」などと呑気に言ってもいられない。
makaay_pk.jpg


これで1-0。

後半には、ゲレーロが1点追加し、
結果的に2-0でバイエルンが快勝の試合でした。

秀逸だったのは、バラック。
ピッチ上で、相手の厳しいマークにさらされるのは、
いつものこととして…、
この日のバラックは、
フェアーにジャッジしてもらえないことに対する
フラストレーションの塊と化していました。
明らかに故意と思えるエルボーを顔面に食らったにもかかわらず、
ノーカードのジャッジに、苦笑いを浮かべていたバラック…。
「お前は、俺を誰だと思っているんだ!
俺は、マンシャフトのキャプテンだぞ!!」
といわんばかりの勢いでした。

そして、今日の「その時」がやってきます。
試合終了のホイッスルの後、
いつものように、審判団のほうに歩み寄るバラック。
両線審と握手を交わして…、

あれっ!
ballack.jpg



今回の観戦の結論!!

ドイツサッカー界で敵に回すと怖いもの。
「ビルト」と「ベッケンバウアー」と「バラック」。
まさに、ブンデスの3Bです。

以上、
これって、試合観戦記?
スポンサーサイト

«  | HOME |  »

プロフィール

hiro

最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

月別アーカイブ

カテゴリー

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

ブログ内検索

RSSフィード

リンク

このブログをリンクに追加する

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。