FC2ブログ

2018-10

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

World Cup 2006 expectation #3

今日もワールドカップの予想を
掲載しようと思うのですが
その前に、スパルタ情報を少々…。

昨日のラーションとボビッチの
続報はまだなんですが、
以前にチラッと紹介したレプカ取りについて
「スパルタはまだ諦めていない」という記事が
i-DNESに出ていました。

あと、2部のクロミェジージュから
20歳のゴールキーパー、ズデニェク・ズラーマル
獲得するためリベレッツと争奪戦を繰り広げていた
ようですが、どうやらスパルタが獲得できそうだ
ということです。


では、さっそく本題に戻りましょう。




Group C


さて、この組についてはすでに各メディアで
今大会の「死の組」ということで紹介されていますね。
アルゼンチンは、2大会連続での「死の組」。
気の毒としか言いようがありません
このグループをどの国が抜け出すのか?
う~ん。かなり頭痛い問題ですが、考えてみましょう。


で、予想は…。




◎アルゼンチン
タレント集団と言う意味では、ブラジルにも
引けをとらないチームだと思う。
中盤から前の選手層の厚さは言わずもがな、
一部で言われているDF陣の選手層についても不安も
hiro的には、「そうかなぁ~?」という感じです。
エインセ、アジャラ、コロッチーニの3バックに
サムエル、ミリートのバックアッパー。充分でしょう?
今大会では、ぜひ前回大会の雪辱を果たしてもらいたい

〔hiro的注目選手〕
パブロ・アイマール[バレンシア(SPA)]
→純粋に好きなプレーヤーとぴうことで、注目。
現代表では、ファーストチョイスではないようだけど
ぜひ、本大会では出場機会を得て活躍して欲しい。
リオネル・メッシー[バルセロナ(SPA)]
→昨年、国籍取得の件で話題となったバルサ生え抜きの逸材。
まだ弱冠18歳だが今大会でのブレイクもありえる。
まずは、出場機会を得ることが最大の課題。




○オランダ
アルゼンチンとは、実力伯仲で甲乙付けがたい。
欧州予選無敗での本大会出場は、その証。
ただ、このチームは時々相手なりのプレーから
星を取りこぼす癖がある。拍子抜けするくらい
突然もろくも崩れ去る時がある…。
予選無敗ながら、マケドニアに2引き分けという
結果には疑問が残る。なんか、初戦のセルビア戦で
足元をすくわれるのではという不安が頭をよぎる…。

〔hiro的注目選手〕
ナイジェル・デヨング[アヤックス]
→クロンカンプと右サイドバックのポジションを争うDF。
去年のCLでのプレーが印象に残っての推薦。中盤もこなす。
アリエン・ロッベン[チェルシー(ENG)]
→オランダの左サイドは、かなりやばい!デルファールトを
起点とし、ロッベンがドリブルで切り裂くサイドアタックは
得点の匂いぷんぷんです。




△コートジボワール
90年のカメルーン、94年98年のナイジェリア、02年のセネガル。
そして、今大会はこのチームがアフリカからの刺客となるか?
確かに攻撃力だけで考えれば、アルゼンチン、
オランダと互角といえる。ただ、アフリカ予選での
7失点のうち5点はライバル、カメルーン戦での失点。
やはり守備面でレベルの高いチームと互角に渡り合うには
不安がありそうだ。

〔hiro的注目選手〕
ボナベントゥル・カルー[パリSG(FRA)]
→攻撃の起点となるドリブラー。ここからドログバ、
ダンダンへのパス供給が得点への生命線。
ディディエ・ドログバ[チェルシー(ENG)]
→さっきまで、チェルシーvsウエストハムをTVで
見てたんだけどやっぱり、ドログバのスピードと
得点力は圧巻です。




×セルビア・モンテネグロ
欧州予選で、スペインと同組にありながら、1位通過を
果たしたこのチームの守備力は特筆に価する。10試合で
許した失点がラウールの1発のみというのは驚きである。
他の3チームを本大会で苦しめる力は充分にある。
「死の組」の鍵を握るチームなのかもしれない。
がっちり守って、ワンチャンス。EURO2004のときの
ギリシアを思い起こさせるチームです。

〔hiro的注目選手〕
マテヤ・ケジュマン[アトレティコ・マドリー(SPA)]
→A・マドリーでトーレスと2トップをなす快速FW。
PSV在籍時には、3度の得点王に輝いている。






いやぁ~。今日はほんとに難しかった…。
考えれば考えるほど、何が起きてもおかしくないと思えてきて…。
で、結局「なぁ~んだ…。」って思うぐらい
ふつ~の予想となってしまいました。

でも、この組は、4カ国すべてにチャンスがあり、
また、どの国にとっても苦しいグループであることは
間違いありませんね。


このグループについては、
ぜひとも皆さんのご意見を聞かせていただきたい!!

なにとぞ、コメントをお願いします。 WCグループリーグ予想については、オランダ代表のサポーター、せるさんのブログ“Orange Garden Extra”もご覧ください。全グループの予想が掲載されていますよ。
スポンサーサイト

テーマ:ドイツワールドカップ - ジャンル:スポーツ

コメント

是非レプカをとってDFラインを引き締めてほしいものです!cグループは厳しいですねぇ~予想するのも相当難しかったと思います。アルゼンチンの守備陣には高さ、オランダCBはスピードに難があると思われるのでコートジボワールとセルビア・モンテネグロのFWに苦労するのではとにらんでいます。そうなるとますます予想しづらくなってきます(泣)

>>asukaさん

ここに来てスパルタは、新戦力獲得にかなり
積極的に動き始めているようですね。
レプカも含め、なんとしても、即戦力を獲得して
今季のお寒い状況を一変させて欲しいものです。

あと、グループCについては、asukaさんが書いてる通り、
コートジボワール、セルビア・モンテネグロの
アップセットは十分ありえると私も思ってます。
今から楽しみなグループですね。

TBさせて頂きました。

はじめまして。グループCは同じくどこが勝ちあがってきてもおかしくないと思います。それはグループEにも言えることですよね。でもオランダはチェコと当たるまで、チェコもオランダと当たるまでは負けられない・・・そういうモチヴェーションも大会中に生まれればいいなぁとも思います。デ・ヨングはHSVへの移籍となり、少しでも開催国の雰囲気を肌で感じておいて欲しいものです。

ようこそ!!

>>せるさん
はじめまして、せるさん。TBありがとうございます。当ブログ史上初めてのTB、感激です。私の勝手なオランダ評を読んで、怒ったりしてませんか?まして、ここ数年、オランダ代表とチェコ代表は不思議な因果で対戦することが多かっただけに心配です。でも、実はオランダ代表には私の好きなプレーヤーが多いんですよ。ロッベン、マカーイ、バベル、デルファールト、デルメイデ、スナイデス、コクー、デ・ヨング…と枚挙に暇がありません。今回のWCのグループリーグでは、やっとオランダと別の組になりましたから、心おきなく応援できます。で、7月4日のドルトムントあたりで、1戦交えるというのはいかがでしょうか?

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

http://dotoho.blog3.fc2.com/tb.php/20-1ef77afd
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

【#15】「死のグループ」 開催国ノ策略ニモ負ケズ・・・

グループCに決まった瞬間、思わず笑ってしまいました(笑) いやあ「死のグループ」大いに結構!これまでさんざんチェコと同居してきたし、欧州予選でもルーマニア、フィンランドら

«  | HOME |  »

プロフィール

hiro

最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

月別アーカイブ

カテゴリー

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

ブログ内検索

RSSフィード

リンク

このブログをリンクに追加する

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。