FC2ブログ

2018-10

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

World Cup 2006 expectation #7

では、今日もスパルタ情報から参りましょう。

まずは、レプカの移籍問題についてですが、
スパルタ側は、2千万コルナ(約9600万円)のオファー
提示しているようですが、ウエスト・ハム側がかなり難色を示しており、
問題が複雑化しているとのことです。
どーも、スムーズには行きそうにないですね。

それから、元スパルタのトマーシュ・ユン
ニュルンベルク入りが決まりましたね。
トルコをステップにして、ブンデス入りを果たせたのは、
理想的ですね。FWは結果がすべて。
とにかくゴールを量産して欲しいものです。


では、グループGの予想に移りましょう。




Group G

このグループは、当然中心視されるフランスに対し
他の3カ国が“惑星”となる組み合わせ。

ただ、軸についてもガチガチではなさそう…。
他の“惑星”についても強さが感じられません…。

まっ、予想にはいりましょうか…。




◎フランス
欧州予選終盤にジダンテュラムなど一度代表を去った
ベテラン勢を召集して結果的に1位通過で本線出場を決めたフランス。
実績面や手持ちのタレントを見るとやはり“強豪”何でしょうが、
何か“強豪”と言うより“古豪”になりつつあるような…
そんな印象があります。
1位に推しておいて何なのですが、もうひとつおまけに
監督と選手の間の不協和音が聞こえてきますよね…。
これは、一番あっちゃいかんことで、
ことここに及んで、こうなっているというのは…。
全大会の雪辱どころか…とんでもないことにもなりかねないのでは…。
かといって、フランスを打ち負かしそうな国が見当たらないのも
事実なので、1位指名させていただきます。

〔hiro的注目選手〕
ニコラ・アネルカ[フェネルバフチェ(TUR)]
“悪童”も歳を重ねて丸くなったのか?
ドメネクにお許しをもらって代表復帰を果たしましたね。
第4のストライカーながらここは本大会でも
ひと暴れしてもらいたいとひそかに期待を寄せています。
シルバン・ヴィルトール[リヨン]
→一昨年、トヨタ・アレナでやられましたよね、彼に…。
結構印象に残ってます。もしかしたら、今チームの中で
一番キレてるプレーヤーかもしれませんね。




○スイス
この国は、今かつてないサッカーブームに沸いています。
隣国オーストリアと共にEURO2008の開催国となり、
この国の小さな小さなクラブ、トゥーンがC.L.で大健闘し、
そして、トルコとのW杯プレーオフで劇的な勝利を飾り…。
国内が好材料に満たされたこのチームは、
もしかすると欧州予選でも同組だったフランスを
苦しめる勢いを持つ国かもしれない。“勢い”を買って対抗に指名。

〔hiro的注目選手〕
マルコ・シュトレラー[シュツットガルト(GER)]
→トルコでのプレイ・オフでスイスをW杯に導くアウェイゴールを決めたFW。
クラブでも、今季前半戦7試合約300分で3アシスト1ゴールはなかなか。
まだ、第3のストライカーながらキーマンとなるでしょう。




△韓国
過去6回出場。前回大会では、ベスト4入り。
実績から言えば、文句なくアジアNO.1のチーム
ヨーロッパで高く評価されているプレーヤーも多く擁し、
実力的にも上位といえるかもしれない。
じゃ何で3位指名か?ズバリ監督
「EURO2004でオランダをベスト4に導いた…」なんていう形容詞がつくと
なんともすごい監督のように思えるかもしれないが…
その戦いぶりはひどいものでした
ここのブログに集まる方ならば、忘れられない試合があるはず…。
EURO2004での予選から本戦までのチェコとの対戦。
特に本大会グループリーグで、チェコは彼の采配ミスのお陰で
勝ち点3を獲得できたといっても過言ではありません。
ボルシアMGの不振を彼一人のせいにするのは、ちょっと酷ですが
彼の監督としての力量には大いに疑問を感じます

〔hiro的注目選手〕
パク・チソン[マンチェスター・U(ENG)]
→勿論受賞には至らなかったものの05バロンドール候補
あがったというのはすごい!間違いなく現在アジアNO.1のMFです。
パク・チュヨン[FCソウル]
→韓国の若手筆頭。まだ、どんなプレーヤーなのか
分かりませんが、本大会のピッチに立つことがあれば
注目したいと思います。




×トーゴ
ここは、完全にくじ運で本大会出場を果たした国と言えますね。
というか、どんなチームなのかもほとんど分かりません。
聞いたことある程度のプレイヤーもアデバヨール一人。
攻撃的なチームらしいのけど、勿論攻撃一本やりで
勝ちあがれるとは思えず、ここは文句なしに4番手

〔hiro的注目選手〕
シェイ・エマヌエル・アデバヨール[モナコ(FRA)]
→あくまで、聞いたことあるだけです。高さ、速さ、巧さの
三拍子そろった選手だそうです。でも今季モナコでは、1得点です…。




トーゴの4位は揺るがないとしても、その上はフランスの状態しだいでは
ぐちゃぐちゃになる可能性も秘めたグループですよね。
気持ち的には、アジアの同胞韓国に奮起してもらいたいんですけどね…。


今日も皆さんのコメント待ってます!!
スポンサーサイト

テーマ:FIFAワールドカップ - ジャンル:スポーツ

コメント

ユンが移籍したんですかぁ!ポラクがいるニュルンベルクは正解ですね!フランスの敗退は考えにくいですが、問題山積みな感じですねー。アンリやトレゼゲは代表ではなんか今ひとつに感じられ、ベテラン勢(特にジダン)がいるといないではパフォーマンスに大きな差が出るように思われます。逆にスイスはhiroさん的注目選手のシュトレラーを はじめ、アーセナルのセンデロス、ラツィオのヴェーラミなど将来有望な若手が多くスタメンに名を連ねていていますから、上位に進出するかもしれませんね!韓国は僕も同感で監督がアドフォカートですからねー 忘れもしないユーロでのチェコの大逆転勝利は間違いなくロッベンを下げた彼に問題があると思います。ボルシアMGでもすぐ解任されました。ちょっと期待薄です。

でも、アドフォカートのお陰で、なんか今見ても興奮するナイスゲームになりましたよね。確かに逆転劇は、ロッベンが下がってから。バロシュのゴール。そして、逆転弾は、ポボルスキーのシュートフェイントからの絶妙のパスをシュミチェルが決めて…。最高でしたね。

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

http://dotoho.blog3.fc2.com/tb.php/24-1dd76b4a
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

«  | HOME |  »

プロフィール

hiro

最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

月別アーカイブ

カテゴリー

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

ブログ内検索

RSSフィード

リンク

このブログをリンクに追加する

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。