FC2ブログ

2018-12

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

Preparation mutch #3

2月に入り、またもやさぼりぎみ…。
ちゃんとアップしなきゃね。



では、まずプレパレーション・マッチ情報から。
結果は、以下の通り。

1.2.2006 16:30-
AC SPARTA PRAHA vs Levante UD 2:2(1:0)

SPARTA:Kóňa(70,75)
Lavante:Alexis(28,63)

まずは、この試合70分まで0:2で完全負けムードだったようですが、
2点目を入れられたあと65分から途中出場のトマーシュ・コーニャ
投入後10分で2発を決めてドローに持ち込んだようです。
ザルツ戦に続いて、またまた新戦力が大活躍です。


4.2.2006 10:30-
AC SPARTA PRAHA vs FC Nitra 3:0(0:0)

SPARTA:Řepka(50) Kisel(65)Kóňa(70)


この試合では、いよいよ新キャプテン、ジェプカが移籍後初ゴールを決めたようです。
i-DNESにも“レトナのゴレムのカムバックを祝う”という見出しが出ていました。
“ゴレム”とは、プラハの旧ユダヤ人居住地区ヨゼホフに残る伝説の怪物
創造者であるラビ(ユダヤ教の僧侶)に忠誠を誓い、ユダヤ人地区を守るべく
力強い活躍を続ける、そんなキャラクターです。
まさしく、これからのジェプカの活躍を期待するにふさわしい比喩なのですが…。
実は、この“ゴレム”最後には、ラビの制止を聞かずにプラハの町で大暴走してしまうのです。
“グリガの手に余るジャプカ…”そこまで考えるのはうがちすぎでしょうか?
あと、コーニャが相変わらず好調。古巣に相手に止めの1発を決めています。


次のプレパレーション・マッチは11日のKSゴルニク・ザーブジェ(ポーランド)戦です。

実は1月のプレパレーション・マッチを振り返ると、
ここまで8戦負け無しで6勝2分け。更に8戦で17得点5失点
これは、後半戦に向けてスパルタの調子が回復傾向に転じた証といえるでしょう。


お次は、移籍情報。

FCトゥーンのFWマウロ・ルストリネッリがスパルタに移籍しました。
この移籍は、フローデ・ヨンセン(ローゼンボリ)との交渉が決裂したため
その代替措置として交わされたもののようです。
でも、これで今オフの懸案となっていたFWの補強について
ダニエル・コラーシュ(ブルシャニーからの移籍)のみでは心もとなかったので
これまた後半戦に向けて好材料といえるでしょう。

さらにi-DNESによると、ある程度戦力が整ってきた現段階においても
“グリガ監督は、春に向け四六時中新戦力を探している”そうです。



最後に以前お知らせしたチェコサッカーのテレビ放映権争奪戦についての続報です。
結論は、遅くとも今月の12日までに発表されるそうですが、
今のところ来季のガンブリヌス・リーガの放映権は
ほぼチェスカー・テレビゼ(以下ČT)が手中に収め、
あとは、代表のホームゲーム放映権をČTとnova、primaの3社が争っているとのこと。
で、びっくりしたのは国内リーグの土曜日の試合は、
ČTの新たなスポーツチャンネルČT4で放映するとのことでした。
(月曜日の試合はČT2で放送するそうです。)
…ということは、遅くとも今年の9月までにČT4というチャンネルが
新設されるということですね。
この辺は、ぜひ当ブログの特派員に情報をもらいたいところです。

それから、なぜČT3が無いのか?素朴な疑問です。
私の想像するところでは、恐らくČT24というインターネット配信の
チャンネルが“第3のチャンネル”だからなのかな?とも思うのですが、
真偽のところご存知の方は、ぜひコメントを…って、これまた誰もいないよね…。
スポンサーサイト

テーマ:欧州サッカー全般 - ジャンル:スポーツ

コメント

コーニャがんばってますね~ゼレンカのつけてた7番をしっかり受け継いでるようですね!そしてジェプカも!でも彼は今でもそうかはわかりませんがウエストハムや代表にいた頃は、キレやすいイメージが強かったので、もしかしたら本当に「大暴走」してしまうかも・・・あと、ルストリネッリは3トップなら、どこに入るんでしょうか?それにしても、この冬はたくさんとりましたね~

>>asukaさん
今週のGórnik Zabrze 戦も5得点で勝利のようで何よりです。早速ルストリネッリもゴールを決めたようで、次週リベレッツ戦は向け磐石でむかえられそうですね!!

こんにちは

どうも。ルストリネッリのスパルタ・プラハ移籍は存じ上げませんでした。CLで同グループに入ってスパルタ側はきっちりスカウティングもされてたんですね。出来るならフローデ・ヨンセンの交渉を成立させて、UEFAカップでゼニート・サンクトペテルブルグとベスト32で対決するローゼンボリを骨抜きにして欲しかったところですが(笑) ゼニートはチェコ人監督でチェコの選手も多くて、”超攻撃的”で面白いですよね。そのUEFAカップが今週から再開で、こちらはスラヴィア・プラハの方が勝ち残ってパレルモと対決ですね。

>>せるさん
ゼニート、やったじゃないですか!!アウェイで0-2の勝利はかなりGOOD JOB。次週のホーム戦に向け期待が高まりますね。で、ゼニートのサイトをチェックしてたら、ヤン・フラッフバルトが在籍しているのに気付いてびっくり!つい最近までスパルタに在籍していたプレーヤーです。チェコ人が結構多いというのも教えていただき知りました。貴重な情報ありがとうございます。今後、注目していきますね。
あと、スラヴィアは…苦しいでしょうね…。まずは、本日ストラホフできっちり勝っとかないといけませんね。

ローゼンボリ戦でゼニートは看板選手がゴールを決めてましたね。(チェコ代表のマレシュが出場してなかったのはちょっぴり残念) スラヴィアはhiroさんの言うとおり苦しいですね。パレルモに勝ってもその後は多分、シャルケ・・辛いです。

>>asukaさん
うん。苦しい。スラヴィアは、かなり苦しい…。国内でもキビシい状況だし…。う~ん、もう、はっきり言っちゃおう…。“ない”と、思う…。
それと、ゼニートは大金星だよね。まあ、勿論2nd legを終えてからの話ですが、かなり優位に展開できることは確かですよね。

>>hiroさん                                           スラヴィアなんとか勝ったようです。UEFAの公式サイトには3-1と表示されてましたがスラヴィアの公式サイトには2-1となっていました。この試合のハイライト映像もスラヴィアの公式サイトで見ることができましたが、スラヴィアDF陣危なっかしいです!キーパーのファインセーブがなければ、この勝利はなかったと言っても過言ではない一戦でした  

スラヴィアもゼニートも

やってますね(笑) オランダ勢はAZもへーレンフェーンも負けてしまって来週のCLに向けても縁起がよろしくないところで。アヤックスは今シーズンCLグループBでスパルタ・プラハと同居しましたが、開幕戦でのスネイデルの後半ロスタイムでの同点ゴール、あの気持ちを思い出して臨んで欲しいものです。それにしても、フローデ・ヨンセン引き抜き無しでもゼニートが”金星”を挙げて一安心。でも、このゼニートも次が「ボルトンvsマルセイユ」の勝者なので苦しいトコです。それにAZがもし勝ってもおそらく次が・・・ステアウア・ブカレスト(いま一番UEFA杯で乗りに乗ってるクラブ)なのも苦しいかも(汗)

こんにちわ!

>>せるさん                                          ゼニートはプーチン大統領も応援してるそうですね!ロシアリーグ初の韓国人選手を獲得したり、チェコ人選手が多いので僕も注目してます!ロシアといえばスパルタクモスクワがアーセナルからクインシー・オウス・アヴェイエを獲得してました。来期のCLで大暴れしてほしいですね!それからステアウアはGKのポルトガル人選手を除いて、全員がルーマニア人選手・・・がんばってますねー 

>>asukaさん
スラヴィアの試合は、結局2-1みたいですね。スラヴィアのサイトで試合も見ました。しかし、スラヴィアのサイトは充実していますよね。英語サイトの情報量も多いし、動画の配信もしている…。スパルタのサイトも負けずに改善して欲しいものです。せめて、ニュースを英語で配信して欲しい…。
>>せるさん
勝ち進めば勝ち進むほどハードルがあがっていくのは、CLやUEFA CUPの常ですからしょうがないといってはそれまでですが、“いばらの道”は続きますね…。私は、UEFA CUPの方では実はヘルター・ベルリンを応援しているのですが…ホームでラピド・ブカレストにやられちゃいました…。ヘーレンフェーンもスレアウアにやられちゃったみたいで…。何か、ルーマニア勢は今季の“台風の目”になるかもしれませんね。

オランダ勢

>hiroさん
ハードルが上がっていく前に、オランダ勢は姿を消してしまいました。AZは惜しいところまで行ったんですけどベティスに惜敗。昨シーズンに引き続いて延長戦で・・・でも1st Legの2点ビハインドを跳ね除けたので十分だと思います。でも「AZ-ステアウア」は今年のUEFA杯でぜひ見たかったカード。その期待も来シーズンのCLへ持ち越しでしょうか(爆) ヘルタも結構”多国籍軍”で、元アヤックスのナンド・ラファエル(アンゴラ出身でドイツU-21代表エースストライカー)も居ますよね。でも負けちゃいましたね。ルーマニアが今シーズンUEFA杯で勢いづくと今年後半からのEURO2008予選でオランダ代表にも驚異になるんですが、でもルーマニア勢に思う存分今季のUEFA杯をかき回して欲しい願望もあって、(かつてのオランダとチェコの因縁に対する気持ちと同じく)複雑です(笑)

>asukaさん
プーチン大統領はピーテル(ペテルブルグ)出身というのは知ってましたが、熱心なサポーターまでとは知りませんでした。オランダ勢が消えたUEFA杯、ゼニートの活躍に一縷の望みを託してます(爆) スパルタクは来季CL出場権を獲得してますし、久々のスパルタク復活には注目しようと思っていた矢先、近々オランダ人もロシアリーグへ・・・とは予感してましたが、クインシーのスパルタク移籍はびっくりしました。ヴィティッチの移籍金をクインシーに回したのかな?とも。ステアウアは昨シーズンもヴァレンシアを破ったりしてて、今後ルーマニア代表をも背負って立つラドイ選手も居ますしね。このチームもどこまで行くか注目ですね。

>>せるさん
AZは、PK1本はずしてたんですね…。そして、延長での敗戦。何とも惜しい敗戦です。ヘーレンフェーンも1legの劣勢を跳ね返すことはできなかったようですね。チェコ勢も唯一の生き残りスラビアが力及ばず敗退でした。さらに、ヘルタまで…。なんか、最近、私は特定のチームを応援しちゃ駄目なんじゃないかとさえ思えるくらいひいきのチームの戦績が芳しく有りません…。長期休養すべきでしょうか(苦笑)。

>>せるさん                                           uefa杯でロコモティフ、シャフタール、そしてスラヴィア・・注目してたチームがゼニート以外すべて負けてました。シャフタールはタレント揃いで面白いんですがリールにやられました。CLで戦うアヤックスはアウェーでのインテル戦にチェコ代表の二人が戻ってくるでしょうし、突破の可能性は十分ありますね!   

同感です

>hiroさん
特定のチームが芳しくないという気持ち、共感できます。自分も数シーズン前にはアヤックス以外にセルタ、リーズが2部落ちしてしまうわ、スパルタクは王座から陥落、Shevaの古巣ディナモ・キエフもシャフタールに覇権を奪われて(でもウクライナに限っては切磋琢磨の結果。asukaさんのおっしゃる通りシャフタールのチーム強化の賜物だと思います。あとドニプロとかメタルルグとかその下のクラブでもきっちりUEFA杯で勝ちあがってきてましたし)、自分が「疫病神」に思える時期の繰り返しです。スパルタの調子もお察ししますが、今年のアヤックスも・・・似た感じなんですけど(苦笑)

>asukaさん
お言葉ありがとうございます。ガラセク、グリゲラの2人をはじめ(ハイティンハは負傷しちゃいましたが)スネイデルやら他の選手も集結すれば、サン・シーロ(インテルサポーターが無観客サスペンション明けで戻ってくるのは厄介ですけど)で頑張ってくれると影ながら(上記を理由に、あまり表立って応援しない方がいいかも?とも思って)期待してます。シャフタールはせっかく1st Legの終盤にアウェイゴールを2発決めて、これで折り返してイケるかな?と自分も思ったんですけどね。リーガアンで王者OLに黒星を付けるなどしたたかなリールにやられちゃいましたね。ロコも負けて、これでロシア勢最後の生き残りが(前回王者CSKA、そしてロコを差し置き)ゼニートというのも意外で(笑) さらにAZやPSVを差し置き・・・もしオランダ勢の欧州カップ戦最後の生き残りがアヤックス(インテル戦(A)はサン・シーロ使用権の関係から通常より1週ずらした3/14(火)なのもあり)になったりしたらそれも意外なんですけど(爆)

>>せるさん
今、ボズニア戦を見てるのですが、ジーコ日本も“特定のチーム”の仲間入りなのかな…という感じですね。あまりにスピード感に欠ける後手後手のプレーにイライラが募るばかりです。でも、バルバレスへのエリア内でのファール。あれは、シュミレーションですよね…。

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

http://dotoho.blog3.fc2.com/tb.php/33-402f9e9e
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

«  | HOME |  »

プロフィール

hiro

最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

月別アーカイブ

カテゴリー

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

ブログ内検索

RSSフィード

リンク

このブログをリンクに追加する

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。