FC2ブログ

2018-12

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

05/06 IN OUT

今日は、このOFFにSPARTAを去った人
そして今シーズンの新戦力
ちょっとまとめておきたいと思います。


05/06シーズンCLグループリーグの
組み合わせ抽選を2日後に控え、
わたし自身のためにもここでしっかり
予習を済ませておきましょう!!


まずは、今OFFに他のチームに移籍した選手は以下の通り。

アレシュ・ウルバーネク⇒スパルタク・モスクワ(RUS)
ペトル・ヨハナ⇒マニサスポル(TUR)
イジー・ホモラ⇒自由契約
ペトゥル・ヴォシーシェク⇒パッシング(AUT)
ヤン・シマーク⇒スパルタB
ズデネク・ボレク⇒自由契約
ヤン・レジェク⇒クバン・クラスノダール(RUS2部)
パベル・マルハレク⇒スロヴァーツコ
ミラン・パツァンダ⇒チロル・インスブルック(AUT)
ミハル・メドゥーナ⇒マニサスポル(TUR)
トマーシュ・ユン⇒トラブゾンスポル(TUR)


以上、今シーズンは
トルコに移籍する選手が多かったのが印象的です。
その中でも出世頭は、やはりユンでしょう。
昨シーズン、シュペル・リギ2位のトラブゾンスポルの
レギュラー・クラスとして迎えられたこの移籍は、
彼をまた一回り大きく成長させてくれることでしょう。


さて、お次は今シーズンのNew comer。

マルチン・ハシェク(MF)←スロバン・リベレッツ
アダム・ペトロウシュ(DF)←オーストリア・ウィーン(AUT)
ペトル・ルカーシュ(DF)←スロバン・リベレッツ
ズデネク・ポスピェフ(DF)←バニーク・オストラバ
カロル・キセル(MF)←スロバン・リベレッツ
ミロスラフ・スレピチュカ(FW)←スロバン・リベレッツ
リボル・ドシェク(FW)←スロバン・リベレッツ

ディフェンス陣が一新した感じで
開幕3試合では、新加入のディフェンダー3人に
カドゥレツを加えた4バックの布陣がしかれていました。

中盤の布陣はどうなっているのか
試合自体を見ていないのでよく分かりませんが
ポボルスキー、シボク、ゼレンカに加え
新加入のハシェク、キセルを加えた布陣になっているようです。

FWについては、開幕戦と第3節はスレピチュカの1TOP。
第2節のマツショヴィチュとの2TOPが採用されました。

また、リベレッツから
5人ものプレーヤーを引き抜いたにも関わらず
前節リベレッツに0-2でやられているというのが
なんとも皮肉な話ですね…。


それと新加入の7人の平均年齢が
やや高めなのが気になりますが…。


まあ、兎にも角にも今シーズンはこの戦力で
国内首位はもちろん、
CLノックアウトステージ進出
果たしてくれること大いに期待したいと思います。

追記…ハインツが加入するという
   ウワサはどこに行ったのでしょう…?
スポンサーサイト

テーマ:欧州サッカー全般 - ジャンル:スポーツ

コメント

スパルタプラハ、
アーセナルとアヤックスがいるグループに入りましたね~

アヤックスが微妙…。

アーセナルはかなり格上として、
アヤックスが微妙な感じです。

トゥーンには、取りこぼし禁止ということで
なんとか、なんとか、
2位に割り込めないかなぁ?


決勝トーナメントでぜひ、
リバプールの胸をお借りしたいと
思っております。

アヤックスは今年まだ試合を観てないですし、
トゥーンはさっぱりですけど、

スパルタホームでの対アーセナル、勝つんじゃないか、
なんて思ってます。
根拠は無いんですけども、、

リヴァプールはステージ後半でバテてそうなんですよね~
お互い出れたら良いですねっ


追記:すぽると、ナメてますねー

ああ、見に行きたい!

ホームゲームって不思議な力がわくんですよね。

あれは、他のスポーツにはあまりない感覚ですよね。


03/04シーズン、ホームでのLAZIO戦。
ロスタイムに得点して勝利したときはの時は、
あまりの興奮で
横にいた知らないチェコ人に抱きついてしまいました…。


あ~あ、TOYOTA ARENAに見に行きたい!!

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

http://dotoho.blog3.fc2.com/tb.php/8-279f508e
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

«  | HOME |  »

プロフィール

hiro

最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

月別アーカイブ

カテゴリー

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

ブログ内検索

RSSフィード

リンク

このブログをリンクに追加する

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。